[0318-201408] 背守り 子どもの魔よけ展 – LIXILギャラリー

[0318-201408] 背守り 子どもの魔よけ展 – LIXILギャラリー

スポンサーリンク

最終日。開催前から妻が非常に興味を持っていて、折角だから、と私も付き合ったのですが、思った以上に良かったです。

背守り(せまもり)って何?

上の文章は郡山市立美術館館長の佐治ゆかり先生が寄せられていました。
『ハギレの日本文化史』 / 講師 佐治ゆかり先生

昔から日本では背中というのは身体的にも精神的にも弱い部分であり、そこから悪が入り込む、また魂を奪っていくと考えられていました。まだ霊魂の不安定な幼子が背中から連れ去られることのないように、そんな母親の想いから、着物の背中部分の刺繍や飾りを御守りとして、一針一針縫っていったもの。

その昔、背中は霊魂の守りの要で着物は背縫いによって身を守ると信じられていました。しかし子供の着物には背縫い線がありません。人の背中には目がなく、体の前に比べて 無防備です。背後から魔物が入り込まないように糸で縫い、魔よけとした印が背守りです。

「縫い目」がないと「目」がないと悪いものが子供を連れ去ってしまう可能性があります。また、命を狙う魔物に気が付かない可能性もあります。

だから「背守り」をつけて「目」とし、万が一、子供が囲炉裏や井戸に落ちたときには背守りの糸や布を持って神様が引き上げて命を守ってくれるといいます。

背守りは 産着を縫うときに 母親が子供を守る祈りを込めて縫い取ったものといわれています。

色々な背守りが、意味があって、面白い。

それぞれに刺繍や飾りに込められた想いや意味があって、撮影OKということもあり、ついついどんどん写真を撮ってしまいました。その場だけで、面白い、綺麗だなぁ、で済ませるのは勿体無いなぁ、と思ったので、帰ったら色々調べてみようかと思います。

2014-08-23 16.49.50

同ギャラリーのディレクター、筧天留(かけひてる)さんによると、最も一般的なのは、背の中央を縦に縫い目を施した「糸じるし」。一見素朴だが、縫い目にも一定の約束事があるそうで、ずいぶん長いものも。「糸が長ければ長いほど、長寿になると信じられたようです。糸も貴重だった時代、愛情を感じますね」

2014-08-23 16.06.08

2014-08-23 16.50.10

2014-08-23 16.50.20

ひとまず、着物をあまり着なくなった現代でも、Tシャツの背中の辺りに背守りを縫いつける、というのはなかなか可愛らしくてオシャレなアイデアだな、と。これも既製ではなく、背守りはお母さんが想いを込めて一針ずつ縫っていくのが大切なようなので、我が子が来たら、妻にお願いしたいと思います。

背守り収集家でもある鳴海友子さんとは各地で「背守りワークショップ」をされているようですが、まとめて情報を得ることが出来るサイトがないのが残念です。

2014-08-23 16.51.09

2014-08-23 16.51.26

2014-08-23 16.51.17

【伝統xデザイン】手仕事の日本ふたたび 背守り 今に通じる親の願い | MSN産経ニュース
MSN産経ニュースの今回の展示の記事。

背守りを縫う | むすびCafé
こうしたワークショップも各地で開かれているようですが、単発単発で行われているため、なかなか情報にたどり着けないのが残念です。折角それぞれに興味深い、もしくは素敵なワークショップを企画されていても、それらを繋ぐ横の繋がりがなかなか出来にくいのも事実。そうしたものをうまく繋ぐことが出来たら良いのですが。

NHKの番組中でも紹介されたらしいこの背守り練習帖。AssistOnのサイトが説明が充実していると思います。
背守り 練習帳 | AssistOn

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。