[0297-201408] 天然灰汁発酵建て本藍染めのTシャツが届いたのでご報告。

[0297-201408] 天然灰汁発酵建て本藍染めのTシャツが届いたのでご報告。

スポンサーリンク

先日少量が再販売されたばかりの、メイドインアースのTシャツが届きました。今回は愛用のメンズトランクスの補充の際に、たまたま再販売のお知らせが届いたので、急いで注文。

天然灰汁発酵建て本藍染めのTシャツ

メイド・イン・アースの天然灰汁発酵建て・本藍染めTシャツが再入荷。

私は何か気に入ったものを購入するときには、2枚一組で購入します。仕事用のシャツ、ジャケット、その他色々。まとめて2枚(x何組か)を購入する、というよりは、少しずつ補充しながら、2枚x何組かの組み合わせで揃えていきます。今回もメンズトランクスは先日2枚購入したので、2枚を追加。現在4枚でまわしています。

今日のその他の自由が丘散策。メイド・イン・アース自由が丘店に行ってきた。

天然灰汁発酵建て本藍染めTシャツ

昨年妻が生葉藍染のワークショップを行い、その際にそれぞれ自分の好きなもの(ストールやハンカチなど)を染めたのですが、そちらは発酵させていないもののため、淡い藍に染まります。今回購入したメイド・イン・アースのものは天然灰汁発酵建てということで、かなり濃く染まります。発酵させること自体が非常に時間と手間がかかるのですが、その分こうした濃い染まりかたになるようです。

天然灰汁発酵建て本藍染めTシャツ

生葉の藍染めに関しては、今年も先日石巻にお手伝いに行ってきましたので、今年も来月辺りに開催予定です。私はそちらでTシャツを一枚染めてみようかな、と考えています。発酵させたものとさせていないもの、それぞれに魅力があり、藍染めが好きな方はどちらもそれぞれに好きなようなので、今回のメイド・イン・アースのTシャツとそれぞれの色を楽しみたいと思っています。

生葉の藍染めのため、藍の植え付けで一年ぶりの石巻。その3 パルシックの西村陽子さんとNPOと生葉の藍染め

天然灰汁発酵建て本藍染めTシャツ

実際はもう少し濃いのですが、光の当たり具合でだいぶ鮮やかにも見えます。今日早速着ているのですが、首を通したときに藍の匂いがしました。メイド・イン・アースの今回の藍染めについてはそちらを見ていただくのが一番わかりやすいと思うのですが、非常に優しく、安心して着られる不思議な魅力があると感じました。

純オーガニックコットンに最適な本藍染め 藍染め工房・藍絽座さんを訪ねました! | メイド・イン・アースのウェブマガジン

上品で深みのある天然の色には、実は様々な力が秘められています。例えば茜ならば浄血や保温。そして藍は、抗菌や解毒などの作用があると昔から重宝されてきました。戦国武士は鎧の下に藍染めの衣類を身にまとうことで、万が一矢の傷を負っても止血できると信じていたそうです。アブラナ科の藍の根っこを煎じたお茶「板藍根(ばんらんこん)」は漢方薬としても知られ、抗ウィルス作用、解熱作用、免疫力の向上効果があると言われています。

風間さんは藍のパワーに魅せられた一人。藍染めの服を来て外で作業をしていると、夏でも不思議と蚊に刺されないそうです。お客さんの中には藍染めの五本指ソックスで水虫がよくなった、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルが快方に向かった方もいるといいます。

今日の東京は相変わらず暑いので、こんな中初めて袖を通す藍染めTシャツでこれから出かけるのは汗や紫外線などによる色落ち等を考えるとなかなか心配ではあるのですが、一日が気持ちよく過ごせそうでうれしいです。

直接肌に触れるもの(下着、肌着)は妥協してはいけないと感じます。それはもちろん単に高いものを買えばいい、とかそういうことではありません。もっとも身近で身に着けるもの。身体にとっても安心できるものが良いな、と改めて感じました。シンプルでその時々の流行の影響を受けない、長く愛せるものを、必要最低限だけの量で、丁寧に使う。そんな生活をしていきたいと思っています。

SサイズとLサイズはまだ在庫があるようです。というよりも、私がMサイズを買おうとしたときにも既に在庫が1しかありませんでした。もともと今回の再生産では1しか作れなかったのか、再販売と同時にMが一気に無くなったのか。気になる方は「再入荷のお知らせ」設定をしておくと良いかもしれませんね。

和綿マフラー【茶/有機和綿十割「わ」】
【送料無料】和綿マフラー【茶/有機和綿十割「わ」】
~メイドインアースのオーガニックコットン製品~【RCP】【02P02Aug14】
http://item.rakuten.co.jp/earth/c/0000000757/

こちらも気になっています。鴨川和棉農園は以前妻がワークショップで伺ったことがあります。

チャルカの思想 | 世界ぐるぐる

鴨川和棉農園はほかにも色々な団体やお店で扱っているので比較的有名なようですが、こうした品物がもっと広く伝わればいいな、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。