[1097-201512] Zenfone 2 VIEW FLIP COVER DELUXE with NFCを購入。折角なのでLaser用との違いも合わせて見てみます。

[1097-201512] Zenfone 2 VIEW FLIP COVER DELUXE with NFCを購入。折角なのでLaser用との違いも合わせて見てみます。

スポンサーリンク

先日より使い始めて大変気に入っているASUSのスマートフォンZenfone 2(ZE551ML)ですが、折角なので2 Laserに続いて純正のVIEW FLIP COVERを購入しました。Zenfone 2に関しては発売から半年近くが経っていますので、このVIEW FLIP COVERのレビューも当時から上がっていますが、ここではその後発売されたZenFone 2 Laserの純正VIEW FLIP COVERとの違いも合わせて見てみたいと思います。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe

Zenfone 2 ZE551ML専用 VIEW FLIP COVER DELUXE with NFC

正式名称がちょっと長いですが、DELUXE with NFCです。勿論ASUS純正品。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 01

今Amazonで検索して気付きました。日本で販売しているのはブラックとブルーだけですが、Amazonだと並行輸入品でホワイトも購入できる模様。

ちなみに、今回比較するZenFone 2 LaserのVIEW FLIP COVERについては以前書きましたが、未だに結構多くのアクセスを頂いております。

[かぶ] ZenFone 2 Laser 純正VIEW FLIP COVERを購入しました。

表面の雰囲気、質感から触り心地まで、全く違います。

こちらが今回のVIEW FLIP COVER。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 02

エンボス仕上げされたポリウレタン製のカバーですが、キズも目立ちにくく、適度な滑り止めにもなって触り心地も良好です。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 03

裏側まで包み込むような、手帳タイプのものですね。というのも、

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 05

縁もそのまま折りたたむようになっているからです。たったこれだけのことなのですが、その後に出たLaser用と使い勝手も変わってきます。

そしてこちらが以前ご紹介したZenFone 2 Laser用のもの。

0977-201508_ASUS ZenFone 2 Laser 01

ケース側も素材は通常のケースとほぼ同じで、あくまで蓋が付いたような印象です。

一般的には好評な窓部分のプラカバー。私としてはここは無い方が良かった。

ネットで見る限りこのプラ部分が好評で、Laser用になってこの部分が空洞になったことがマイナス要因になっていましたが、個人的にはここはLaserになって敢えて外したのかな、と思っています。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 04

確かにプラカバーがはめ込まれていたほうが液晶の保護にはなるのかもしれませんが、元々液晶気にするなら保護フィルムなりガラスフィルム貼りますし(私は既にガラスフィルムを貼り済み)、ここにプラがあることで、手に持った時に(カバーを裏返した時に)ボリュームボタンにアクセスできなくなってしまうのです。

0976-201508_View Flip Cover 11

こちらがLaser用。しっかりボリュームボタンにアクセス出来るようになっています。Androidアプリにはページ送りや戻りにボリュームボタンを充てられるものも結構あり、私の主な用途であるKindleや電子書籍アプリにおいてはこのボリュームボタンにアクセス出来るかどうか、というのは結構大きいのです。

iPhoneのKindleアプリのほうが余計な広告もなく、起動も速いので快適にも関わらず、Android版を多用しているのはこのボリュームボタンに依る部分が多いです。

ただ、前回Laser用カバーの際には指摘していなかったのですが、上の写真を見るとお気づきのように、Laserになって、裏返すとカメラのレンズ部分を半分覆ってしまうというミスを犯しています。ここ、詰めが甘かったのではないかと思います。

裏返さずに広げた状態で両手で持てば良いじゃん、という意見もあるでしょうが。

そもそもカバーを裏返して片手で持とうとせず(大きさ自体5.5インチと大きいのだし)手帳のように広げた状態で持てば良いのではないか、という意見も勿論あると思います。

その通りです。

これくらいの大きさになってくると、そのほうが親指の負担も減りますし、スマホ腱鞘炎も防げるでしょう。

[0327-201409] 整骨院に通いながら、親指の付け根の痛みについて調べてみる。

また、このカバー自体が手帳型(Laser用は敢えて「蓋」型とここでは呼びます)のため、裏返した時に元に戻る反発力が結構強めです。

0976-201508_View Flip Cover 03

これはLaser用。蓋のような感じです。

0976-201508_View Flip Cover 09

裏返した時にも柔らかく、あまり抵抗がありません。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 07

こちらが今回のカバーですが、蓋側とケース側を一枚で繋げてしまったためか、裏返した時に結構抵抗感があります。机の上に広げた状態で置いても、パタッと閉じてしまうことがしばしばあります。

そう考えると、左手でカバーが閉じないように、また落ちないように少し支えつつ、右手で操作するほうが良いのかもしれませんね。そもそもこうした手帳型を片手で操作しようと思うのが間違っているのかもしれません。でもLaserでは問題なかっただけに、ちょっと惜しい。

全体の雰囲気は流石にZenFoneの現行フラッグシップ機(日本での)だけあります。

大した違いがないように見えて、全体としては落ち着いた印象のフラッグシップ機用の純正カバーといった雰囲気です。高級感まではありませんが、中途半端なカバーを買うくらいならこの純正カバーを買ってしまったほうが満足感はあるかな、と思います。

1097-201512_ZE551ML ViewFlipCoverDeluxe 08

最近はZenfone 2も色々なサイトで値段が下がってきていますし、だいぶ入手しやすくなってきました。このZE551MLというモデル自体、ASUSが今年の春先に力を入れてプロモーションをした日本での現行フラッグシップモデルだけあって、アクセサリ類もまだまだ品揃えは充実しています。

このVIEW FLIP COVERもそうした選択肢の一つとして充分に使える良い純正アクセサリだと思います。

明後日10日の9:59までNTTコムストアで4GB版が税抜34,800円。

購入間もない事もあって、これを知った時は少々複雑な心境でしたが、明後日10日の午前9:59まで、NTTコムストア by goo SimSellerで、このZenfone 2の4GB版がOCNモバイルONEのSIMと日本未発売のFusion Zen Caseが付いて税抜34,800円でセールになっています。

SIMフリースマホ ASUS ZenFone 2 (ZE551ML) 32GB(RAM4GB)(全4色)+ 選べるOCNモバイルONEセット ★Fusion Zen Caseプレゼント★ 【送料無料】 2015 Winter SALE限定7,000円OFF ~12/10(木)09:59まで! | NTTコムストアおすすめ | goo SimSeller

1097-201512_gooSimSeller ZE551ML Sale

先日書きましたが、ここ最近2GB版も2万円台後半で買えるようになってきて、4GB版との価格差が2万円近くになっていたので、それなら敢えて4GB版にする必要もないかな、と思っての2GB版購入でした。

[かぶ] 0005-1512 「これで充分」を考えるのなら、今ZenFoneの新作ではなく無印2の2GB版(ZE551ML)

使ってみたら思っていた以上に使い勝手が良く、色々と欲張ってアプリも使ってしまい2GBだとメモリがギリギリなんです。こんなセールがあるのであれば、いっそのこと買い換えてしまおうかと本気で昨夜悩んでしまったほど。

[かぶ] 0011-1512 ZenFone 2 4GB版が税抜34,800円@NTTコムストア。10日程前に悩んで2GBを買った私は少し複雑な気分。

流石に買い替えはしないつもりですが、10日の朝までは悶々としてしまいそうです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。