[1085-201511] 連休最終日。私は既に注文済みですが、ZenFone 2とLaserが各地でお安くなっております。

[1085-201511] 連休最終日。私は既に注文済みですが、ZenFone 2とLaserが各地でお安くなっております。

スポンサーリンク

ここ最近ZenWatch 2について頻繁に書いていますが、やはりこのスマートウォッチと相性が良いスマホとなれば、同じASUSのZenFoneだと思います。

昨年に日本で出て以来、MVNO、そしてSIMフリースマホを牽引してきたと言っても過言ではない名機の一つだと思います。既にこのブログをご覧の方であればお持ちだとは思いますが、そろそろMVNOやSIMフリー端末を試してみようかな、と思いつつ、なかなか踏みきれていない方もいるのではないでしょうか。

1085-201511_ZenFone TimeSale

そんな中、この連休中少しチェックしていたのですが、ZenFone 2、そして2 Laserがタイムセール等でかなりお求め安くなっているんです。私が見つけたのはAmazon、NTT-X StoreひかりTVショッピングです。

それぞれ対象となる端末や、セールの仕方が違いますので、それぞれ見てみたいと思います。興味のある方は連休最後にいってしまいましょう。

Amazonでは23日限定のタイムセールでZenFone 2 Laser(ZE500KL)が24,500円。

1085-201511_ZenFone TimeSale 01

先日25,000円台で出た日が一日だけありまして、その時には既に持っているにも関わらず最後まで悶々としていたのですが、今日のタイムセールで遂に24,500円になりました。MR04LNなどではお馴染みのOCN モバイル ONE音声SIM付のパターンです。勿論OCNで契約するかしないかは自由ですが、一緒にOCNで契約するつもりであれば初期費用もかからないので更にお得。

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)に関しては、今年の夏にASUSよりご提供いただき、レビュー記事をかなり書いていますが、それ以降も気に入って使っています。現在実家の母がアメリカにいる妹や東京の息子と写真のやり取りをしたり、出かけた際の写真撮影にとかなり楽しんで使ってくれています。

[kanren postid=”9776″]

1010-201509_ASUS ZenFone 2 Laser

当ブログのZenFone 2 Laserについての過去の記事はこちらから。

NTT-X StoreではZenFone 2(ZE551ML) 2GB版が割引後27,800円。

1085-201511_ZenFone TimeSale 02

散々悩んだ挙句、私昨日注文してしまいました。色はシルバーです。ここ最近はZenFone 2 Laserの6インチにずっと心動いていたのですが、日本でのZenFoneの上位端末(4GBではないので最上位ではないですが)がこの価格になってしまうと、流石に試してみたくなりまして。

ASUS TeK ZenFone 2 32GB (Atom Z3560/2GBメモリ/LTE対応) ブラック ZE551ML-BK32 – NTT-X Store

ASUS TeK ZenFone 2 32GB (Atom Z3560/2GBメモリ/LTE対応) レッド ZE551ML-RD32 – NTT-X Store

ASUS TeK ZenFone 2 32GB (Atom Z3560/2GBメモリ/LTE対応) グレイ ZE551ML-GY32 – NTT-X Store

こちらはそれぞれ価格設定上は税込み29,800円なのですが、会員登録をすれば11月24日10:00迄は2,000円割引のクーポンが適用されるので、割引後で税込み27,800円(送料無料)です。

この後出てくるひかりTVショッピングでの4GB版と悩んだのですが、やはりZenFone 2が27,800円という価格にはつい心動いてしまいまして。一応安いところであれば3万円を切るところも出てきてはいるのですが、もうこの価格帯になってしまったらいく以外にないかな、と判断しました。

ひかりTVショッピングではZenFone 2(ZE551ML) 4GB版が19,320Pt還元。

1085-201511_ZenFone TimeSale 03

ひかりTVショッピングは少し特殊な形で、決して極端に安くなっている訳ではないのですが、以前から何度かこのサイトについては取り上げていますが、時々滅茶苦茶なポイント還元をキャンペーンと合わせて行うことがありまして。今回もそのパターン。

なので、そうした時に定期的に購入していると、手元に既にかなり多くのポイントがある方もいるでしょうし、今回が初めての方でも次回何かこうした時には大量のポイントが使えます。

ZenFone 2 SIMフリー 32GB メモリ4GBモデル [レッド] | ひかりTVショッピングicon

ZenFone 2 SIMフリー 32GB メモリ4GBモデル [ゴールド] | ひかりTVショッピングicon

ZenFone 2 SIMフリー 32GB メモリ4GBモデル [グレー] | ひかりTVショッピングicon

ZenFone 2 SIMフリー 32GB メモリ4GBモデル [ブラック] | ひかりTVショッピングicon

今回はZenFone 2のこちらは4GB版がポイント30倍で14,820ポイント。更に24日の朝6時までのGOGOポイント・クーポン!キャンペーンでエントリーすれば15,000円以上の買い物の場合1,500ポイントが進呈されます。更に、この4GB版(32GB)の場合はクーポンコード「SQP8」を入れることで追加で3,000ポイントも付きます。合計19,320ポイント(1ポイント=1円)が次回の買い物に使えます。

よくある「実質」な考え方をするなら、「実質30,140円」です。そうなると、先ほどのNTT-X Storeの2GB版と差がなくなってきます。

ZenFoneは次々新作が出るのでタイミングが難しいのだけれど。

捉え方を変えれば、欲しいと思った時がタイミングなのかな、という気もします。コンスタントに新作が出ていますが、性能が極端に違いが出るわけではなく、あくまで一部の機能に特化させてみたり、サイズが大きくなっていたり、といった程度で、その中で自分の好きなモデルがちょうど縁があれば、その時に買ってしまうのが良いかな、と。

0977-201508_ASUS ZenFone 2 Laser 06

下手に新作新作、タイミング、と待って使えずにいるよりも、さっさとどこかで手に入れてしまって、使ってみるのが一番です。使ってみれば、あ、自分には合わないな、とか、いや、意外とこの価格帯のスマホで自分は充分なんじゃないか、と気づいたり。

ここまで国内での展開が充実してくるとかえって悩ましいのは確かなんですけどね。

ただ、私は今のところZenFone 5、ZenFone 2 Laserと使ってきていますが、どちらも非常に気に入っています。

今回のタイムセールも二度とないわけではないとは思うのですが、同時展開でそれぞれのモデルが安くなっていたので、思わず深夜に更新してしまいました。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。