[かぶ] ZenFone 2 4GB版が税抜34,800円@NTTコムストア。10日程前に悩んで2GBを買った私は少し複雑な気分。

[かぶ] ZenFone 2 4GB版が税抜34,800円@NTTコムストア。10日程前に悩んで2GBを買った私は少し複雑な気分。

スポンサーリンク

先日書いたこちらの文章。

ASUSは昨年のZenFone 5発売で日本のスマホ市場では一気に人気が出ましたが、今年に入って2、Laser、Selfie、Laser(6インチ)と立て続けに新作を出しました。 この春先に鳴り...

私はちょうど10日ほど前にNTT-X Storeでセール中だったこともあり、2GB版を税込27,800円で購入したばかりです。

それから10日あまり、ZenWatch 2との相性も良好で、使い勝手の良さからついつい欲が出て色々なアプリを入れてしまったのですが、そうなると今まであまり意識していなかったのですが、結構2GBはギリギリだったりします。

そんな中で今回、NTTコムストア by goo SimSellerにて10日までZenFone 2の4GBが税抜34,800円のセールになっています。

SIMフリースマホ ASUS ZenFone 2 (ZE551ML) 32GB(RAM4GB)(全4色)+ 選べるOCNモバイルONEセット ★Fusion Zen Caseプレゼント★ 【送料無料】 2015 Winter SALE限定7,000円OFF ~12/10(木)09:59まで! | NTTコムストアおすすめ | goo SimSeller

Sale_Zenfone2_gooSimSeller 01

OCNモバイルONEのSIMも付属(音声対応SIM、データ通信専用SIM、SMS対応SIM、050plus付きSIMから選択可能)、更に日本では未発売の純正のFusion Zen Caseまで付属という太っ腹。

Sale_Zenfone2_gooSimSeller 02

私はZenFone 2には以前契約したOCN モバイル ONEのデータ専用SIMを入れて使っているのですが、思った以上に使い勝手も良かったので、改めてSIM変更で本日音声対応SIMに変更手続き(手数料3,240円)を完了したばかりでした。

あまりに切ない。あの時、4GB版との価格差が2万円弱あったので、そこまで差があるなら無理して4GBにする必要もないしなぁ、と思っての選択だっただけに、何とも複雑な心境です。

かといって、今更手元の購入10日程度の2GB版を売却してこの4GB版に買い換えるというのもどうか、という気もしながら、先程から悶々としております。3万円台であれば充分に4GB版も選択肢としてオススメですし、回線もOCNで問題なければ開通の事務手数料も発生しない上、今回はなかなか綺麗な色のケースまで付属してきますしね。

頭のなかで変な計算をしながら、10日の9:59まで悩みたいと思います。(それまでに品切れも出てるかもしれませんが)

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。