[0975-201508] 2015年8月第2週を振り返る(ASUS ZenFone 2 Laser)

[0975-201508] 2015年8月第2週を振り返る(ASUS ZenFone 2 Laser)

スポンサーリンク

2015年8月第2週を振り返ります。今週書いた記事はこちらからご覧いただけます。先週はちょうど7月の第5週と重なったため、まとめて7月分として振り返りましたので、久しぶりの振り返りになります。

8月の初めよりブログの整理をしていました。

記事数が間もなく1,000になります。特に先月の投稿数108など、ペースが上がってきているのは良いことなのですが、その分今までのアーカイブを活かしきれていないのではないか、情報が既に古くなった一過性のものを同じように表示させるのが良いことなのか、など色々考える良い機会になりました。

ひとまず2009年より2013年までの旧ブログの記事を非公開にしました。

これはしばらく悩んだのですが、情報がだいぶ古くなっていることで、既にリンク先が消失しているものが多いこと、また日記的なものも多く、改めてアクセスを見てみてもほとんどアクセスもなく放置されている状態のものも多いので、思い切って非公開としました。

これは以前書いた私のブログを続けていくうえでの軸と少しズレてしまうので最後まで悩みましたが、その分これからもこのURLで変わらず10年後も続けていくことを大切にしたいと思います。

0804-201505_Photo 02

これから10年後も同じペースで書き続けると、恐らく投稿数は1万を超えてきてしまいます。まだまだ遠い話でイメージが湧きませんが、そうなるとますます目的の記事や、せっかく来てくださった方に、他に興味を持って頂けそうな内容に辿りつけないといったデメリットも生まれてきそうなので。

合わせて、なるべく余計なプラグインも無くし、これからも表示速度などご覧になる方にとって見やすいサイトになるように改善していきたいと思っています。

そんなこともあり、気がつけば第2週はほぼASUS ZenFone 2 Laser一色。

第2週の記事数は8、うち5が昨日発売されたばかりのASUSのスマートフォン、ZenFone 2 Laserのレビューになりました。これは今回ASUS新製品体験イベントにご招待いただき、レビュー投稿を前提にモニターさせて頂く機会を頂いたためです。

0969-201508_ASUS Event 01

ただ、当ブログは元々スマートフォンOnlyではないため、余程何か特別なことがない限り一週間ほとんど同じテーマを書く、ということはありませんでした。まだまだモニター期間は続きますし、今回結果としてご提供頂くことになると思いますので、今後もレビューは続いていきますが、単なるPR記事にならない、このブログらしい内容を提供できたら良いな、と思っています。

バランスの取れた、C.P.の高い派手さのない真面目な端末だと思います。

0974-201508_ZenFone 2 Laser 01

元々ZenFone 5を半年ほど使っていましたし、その使い勝手はMVNOの印象も含めて時々触れてきました。ですので元々好印象ではあったのですが、今回のLaserも用途を考えると非常にバランスの取れた良いモデルだと思います。

多少デュアルSIMなどに癖はありますが、普通に使う分にはカメラも比較的気負わず使えますし、スペック的にもゲームだなんだと必要以上に機能を増やして欲張らない限り、「これでいい」と思える良さを持っていると思います。

タブレット | ZenFone 2 Laser (ZE500KL) | ASUS 日本

ZenFone 2 Laser | ASUS ZenFone Shop

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(導入編)まずは軽く外観と今後のレビューの展開について挙げておきます。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(デュアルSIM編)。APN設定含めて便利なようでまだまだ手強いかも。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(Smart Lock編)。私にとってはこれだけでも充分魅力的。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(第一印象編)私がLaserも含めZenFoneで気に入っているところ。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(デュアルSIM編)相性か不具合か。何とかSIM 2でも4Gが使えました。

[かぶ] ASUS ZenFone 2 Laser レビュー(カメラ編)私がスマートフォンのカメラに求めるもの。

Gorilla Glass 4にガラスフィルムは必要か。

今回ZenFone 5などの3から更に強くなったGorilla Glass 4を採用したディスプレイ部分。耐傷性にも優れたこのディスプレイに果たしてガラスフィルムなどが必要なのか、という話はネットでも盛んに話題にはなっています。

0975-201508_Gorilla Glass 4

妻のiPhone 6 Plusが気がつけば細かい傷が付いてきたこともあって、PRO GUARD CRYSTAL GLASSを購入したことは以前書きましたが、その後妻のこのガラスにはよく見ると細かい擦れ傷が入っています。ただ、それだけ傷つくような使い方をしている、と考えればこれは正解だったかな、と今も思っています。

[0860-201507] PRO GUARD CRYSTAL GLASS購入。妻のiPhone 6 Plusに最適な強化ガラスでした。

ただ、私自身は今まであまり激しい傷を付けたこともなかったので(ケース自体を落として欠けさせたことはあっても)保護フィルムのようなものはあまり考えていなかったのですが、この厚みと雰囲気が気に入って結局同じもののiPhone 6用を購入してしまいました。

非常に厚みも程よく、手へのフィット感も本体との一体感もあって気に入っていたのですが、気がついたら角がヒビが入ってしまいまして。

0974-201508_iPhone 6 02

Amazonのレビューを見ていても、意外とすぐに角の部分がヒビ割れてしまう方も多いようで、これは却って気になるようになってしまいました。ただ、結局近々書い直してしまいそうですが。一体感と持った時の感じが上でも書きましたが非常に良好なので。

Silicon edgeの3Dなんてものもあったのか。こちら試してみても良いかもしれないなぁ。

さて、私の半年使ったZenFone 5の擦れ、傷、その他はどうか。

あまりコストをかけず、気軽に使いたかったので、今回はフィルム類もケースも一切使わず素のまま持ち歩いて使っていたZenFone 5。この半年後の今の姿が、これから先このLaserがどうなっていくのかの参考になるかな、と思い、改めて眺めてみました。

0974-201508_ZenFone 5 01

これ、ZenFone 2 Laserで普通に撮った写真です。意外と明るく撮れているので、細かい傷がやけに目立つのですが、実際の明るさだとほとんど気づかないくらいです。あ、ちなみに戻るキーの付近の傷のようなものは、単に光の反射です。明るくすると粗が目立つというか。実際ディスプレイ部分もまったく綺麗なものです。

今回既にAmazonでは数社のガラスフィルムが予約受付状態で販売が始まっていますが、これだけ考えると私の場合は不要な気がします。

背面カバー部分は若干使用感は出てきたものの、それでも良好かな、と。

マット感もある背面部分。指紋も目立たず、適度な滑り止めにもなり、ケースの開けづらさを除けば私は気に入っているのですが、こちらもそれなりによく見れば使用感が出てきています。

0974-201508_ZenFone 5 02

写真だとやけに目立つ気がしますが、普通に使っている限りだと、四隅、角の部分の縁が汚れたからか黒くなってきたくらいで、あとは特に気にならないかな、と。このケースは別途書い直して交換も出来ますし、そうした点ではあまり気にしなくて良い気もしています。ただ、在庫のある内に早めに気になる方はストックしておいたほうが良いかもしれませんが。

さて、明日から数日間ですが今月も帰省してきます。

今回はChromebookを持っていくので、ZenFone 2 Laserと合わせて色々更新していきたいな、とは思っていますが、この辺りはどうなるかなぁ。

0806-201506_Jikka 01

今月末で妹夫婦も数年アメリカに渡ってしまうので、しばらく会えなくなります。アメリカなんて近いといえば近いですし、叔父夫婦が元々20年程前から生活していますので、行こうと思えば行けるはずなんですけどね。ついいつでも行けると安心してしまっている内に今日まで来てしまいました。

ということで、また帰省中はいつもと違った世界になりますので、そんな中で家族との時間が犠牲にならないバランスで発信していきたいな、と思っています。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。