[0946-201507] 2015年7月第4週を振り返る(雑誌、書籍と世界のこと)

[0946-201507] 2015年7月第4週を振り返る(雑誌、書籍と世界のこと)

スポンサーリンク

2015年7月第4週を振り返ります。今週書いた記事はこちらからご覧いただけます。第4週は妻に関する話題も普段より多めでした。そこで、雑誌、書籍から世界のことまで、少しここで振り返ってみたいと思います。

伝えたいことは、妻が出たことではなく、イラクで今何が起きているのか。

まもなく次の号の女性自身が発売になりますが、今週号に関しては友人知人を中心に多くの方に実際に買って読んでいただけたようで、妻がイラクでどんな活動をしているのか、そして今イラクで何が起きているのかを知っていただけるきっかけになれば嬉しいです。

[0926-201507] 今週の「女性自身」の“シリーズ人間” No.2235で妻の活動を紹介して頂きました。

0926-201507_My Wife 02

妻の活動に関しては、そうした活動をしている女性と結婚した者の気持ちとしてちょっと正直な気持ちも書かせて頂きましたが、とはいえ普段これだけ情報が氾濫し、また皆さん生活や仕事に忙しい中で、その思考の内の例え数%でもイラクに思いを馳せるというのはなかなか難しいことだと思います。私だって自分に関係のないことは普段頭から完全に抜けていますから。

ただ、こうした雑誌などを通して、世の中には多種多様な価値観があり、それらが交差する中で思いもよらない迫害や差別、紛争が起きているということ、そして、そうしたことは決して私たちにとって全てが無関係なことではなく、日々税金を払ったり貯金をしたりしたお金の一部がさり気なく巡り巡って海外の軍需産業に投資されて、それが爆弾に変わり毎日のように空爆に使われている、ということもあるわけです。

別に意見を表明して国会前でデモをする必要はありませんが、自分は全く関与してない、と考えるのではなく、かといって責任を感じる必要もないのですが、たまにはこうした世界に意識を傾けてみる時間を取って欲しいな、と思います。

今日書いた内容なので正確には第4週ではないのですが、イベント自体は第4週。

今日の朝に書いた内容です。ちょっといきなり何を書くんだ、と思われた方もいるかもしれません。こういう話は基本的にかかわらないことをポリシーにしている方もいらっしゃるかもしれません。ただ、ちょうど今回妻が活動していた地域にも多く避難してきているヤズディ教徒の話でもありますので、ちょっと想像してみてもらえたらな、と思って書きました。

[かぶ] 海外でISの少年兵を前にした時、もしその少年を自衛隊が銃で撃ったとしたら、私たちは果たして受け入れられるのか。 | おふぃすかぶ.jp

0943-201507_Tamamoto 0721

私たちの子どもを戦争に参加させるな、とか徴兵制とか日本は戦争をするのか、とかどうしてもそうしたことばかりが反対される方たちの中の一番の主要なテーマになってしまいがちですが、それ以前に真っ先にこうした時に現場に派遣されるのは自衛隊の皆さんになるわけです。

さて、日本でクーラーの効いた快適な部屋でネットなどで過激なことを主張したり攻撃することは楽ですが、ではいざ派遣された自衛隊の皆さんが、果たして今法案が可決されたとして、これから先、更に行動の自由が生まれた時、果たしてその結果としてこうした行動が取れるのでしょうか。そして取らざるを得なくなった時、日本でのんびりアイスを食べている私たちはどういう反応をするのでしょうか。また他人事で反対反対訴えるのか、それとも訳知り顔で「こうした覚悟も必要なのだ(戦地に行く人は)」と説くのか。

まず何より散々平和憲法でのんびり過ごしてきた私たち日本人にとっては、ではいざ国際社会の中で活動を求められた時に、今まで以上に期待もされれば求められる内容も変わってくる、ということです。その時、果たして国内の空気はそれについていけますか?

「世界の辺境地域」は普段全く意識すら出来ない多種多様な世界への知的好奇心を刺激してくれる。

重い内容から一転しますが、第4週は結構このブログのテーマの一つでもあるImage(想像)を意識して書いています。

[0940-201507] 妻も寄稿している「世界の辺境案内」は普段イメージすら出来ない様々な世界の秘境や立入禁止エリアから暮らしまで、広大な世界を教えてくれるオススメの一冊です。

0940-201507_Book 01

これ、面白いですよ。いつも自分の身の回り、自宅と交友関係と職場くらいしか世界がない中で過ごしていると、世の中のあまりの多様性に驚きます。これはとりあえず本屋で見かけたらパラパラと眺めるだけでも是非してみてください。ちなみにナショジオの「絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで」もなかなかに興味深いので合わせてオススメです。

世界に関すること、世の中に関することはあまり反応はないのですが。

それは私の文章力不足によるところが大きいので、それは少しずつ力をつけていくしかないのですが、私にとってはこのブログでは欠かせないテーマの一つです。これからも色々な角度からときどき触れていきたいと思っています。お付き合い頂けると嬉しいです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。