[0924-201507] 2015年7月第3週を振り返る(その他諸々)

[0924-201507] 2015年7月第3週を振り返る(その他諸々)

スポンサーリンク

2015年7月第3週を振り返ります。今週書いた記事はこちらからご覧いただけます。 今回はそれ以外の細かな色々について振り返ってみたいと思います。

思った以上に使い勝手は良好なKensington Platform Memory Foam Wrist Rest。

今週のJust my shopと私、となると、真っ先に山田たかおさんと私が浮かびそうな7月第3週でしたが、週始めにリストレスト(キーボードレスト)が届きました。

[0903-201507] Kensington Platform Memory Foam Wrist Restを購入。Just my shop、今年何個目でしょうか。
0903-201507_Kensington 07

その後の樫尾俊雄発明記念館とAmazon Prime Dayですっかり影が薄くなっていましたが、その間も変わらず私達夫婦のキーボード入力を支えてくれていました。最初は多少違和感があったのですが、いつの間にやら慣れてくるとかなり便利だな、と感じています。

今までどうしてもキー入力時に手首が反り気味になりがちでしたし、それを意識すると却って手首に力が入ってしまったり、掌底付近、特にどうしてもキーボードレストなしだと机などに接しやすい小指側がどんどん硬く出っ張ってきたりと気になっていましたので、これで少し改善されれば嬉しいな、と思います。

ただ、キーボードがかなりしっかり固定されてしまうので、ずらして何か他の用途に机の前を使いたい、という時には多少不便かもしれません。

0872−201507_Just my shop Kensington

Kensington Platform Memory Foam Wrist Rest K62819JP | Just my shopicon

Chromeboxは近々メモリを試しに増設してみたいな、と考えています。

すっかりサブというよりツートップになっている我が家のChromebox。15分くらいで勝手にモニターが省電力で落ちてしまう(モニター側は何も設定していないのですが)のだけはいちいち毎回キーを何か押さないと復帰しないのでちょっと面倒なのですが(Chromebookにモニターを繋いでいた時は全くなかったのですが)それ以外はもう何も言うことはありません。

[0915-201507] Chromeboxはその拡張性も趣味として魅力的です。
0885−201507_Chromebox 02

どうしてもChromeboxの利用頻度が上がってしまって、Chromebookが最近出番が少ないのですが、外に出るときには必ず持って出ます。外でChromebookで行った作業を全く違和感なく自宅でChromeboxで継続出来る(その逆も同じく)というのはやはり魅力的ですね。

これはもちろんGoogleドライブを介せばWindowsともファイルの共有は全く問題ありませんが、操作性も含めての全くストレスなく(あ、でも英語キーボードと日本語キーボードだけちょっと時々戸惑うけど)となると、同じChromeOSならでは、と改めて思っています。

今回も書きましたが、現時点で搭載されている4GBで全く処理速度に不満はないのですが、せっかくなので少しメモリを増やしてみるのも面白いかな、と思っています。

ASUS Chromebox (CHROMEBOX-M130U)【OUTLET】
0883-201507_Chromebox Asus Shop Outlet

Chromebookも我が家のAcer c720はSSDなので換装が出来るのですが、こちらは今のところ特に考えてはいません。凝り始めると今度は執着し始めてしまいそうなので。執着し始めると、夫婦で気軽に使う、ということが出来なくなりそうなのが嫌なんですね。妻にも気軽にイラク等に持って行って貰いたいと思っています。

OMAKERの「普通」で「良質」なLightningケーブルは結構貴重だと思います。

[かぶ] 「素直に」良いケーブル。OMAKER Lightning to USB Cableを買ってみた。 | おふぃすかぶ.jp
0918-201507_Omaker Lightning Cable 01

プライムデーでOMAKERの製品も3モデルがセールになっていまして、私は5,200mAhのモバイルバッテリーS-X3を予備にもう一つ買い足しておこうか悩んでいる内に昼過ぎに売り切れてしまいました。

ほかも悩んでいる内に結局何も買わずに終わってしまったので、改めてケーブルを買うのであれば折角ならこれを試してみたい、と思っていたOMAKERの新しいLightningケーブル。

実際使ってみて、素直で良質なケーブルで大変気に入っています。気負わず使えて、扱いにそれ程気を使う必要がない、どちらの意味でもバランスの取れたケーブルです。価格が今なら800円弱というのもありがたい。

と思ったら、値段が戻っていましたね。あの時点で買っておいて正解だったか。

OMAKERの木村さんは、やはり高耐久といえば高耐久ナイロンも気にはなるので、少しOMAKERでも調査と検討をしてみたい、と言われていました。もちろん高耐久ナイロンは魅力的ですが、この「普通」に「良質」なケーブルも継続販売してほしいなぁ、と思っています。

そう考えてみると、OMAKERの製品はどれも気負わず常用できる良さというのが隠れた魅力かもしれないな、と感じています。モバイルバッテリーS-X3を既に2台持っているのに、予備で今回せっかくのセールだから、ともう1台購入しようとしたのは、そんな気持ちの現れかもしれません。これからもそうした魅力的な商品を出し続けて、いつの間にやら日本から撤退、みたいなことにはならず末永く販売して欲しいなぁ、と思っています。

RESH.のYOUTUBEチャンネルのREPAIRSHOES 職人直撃インタビューに銀座店の高橋玲子さんが登場。

[0917-201507] シューリペアのRESHがFREE PAPERを配布。結構充実していて、このまま続くのであれば楽しみです。
0916-201507_RESH 01

YOUTUBEチャンネル連動記事ではREPAIRSHOES 職人直撃インタビューでは今回のフリーペーパーに出られていた銀座店の高橋さんが遂に登場(前回書いた時にはまだアップされていなかった)です。

動いている高橋さんを拝見できるのは大変光栄です。と書くと怪しくて申し訳ないのですが、RESH.の動画は比較的雰囲気は本格的に作られているので(フリーペーパーも含めて)下手なTwitterなどでのユルすぎる呟きなんかが始まるよりは余程楽しみだったりします。

まだまだチャンネル自体にアップされているインタビュー自体も数本ですし、再生回数自体非常に少なくなっていますが、すぐに結果を出そうとせずに、地味にジワジワと浸透させて行って欲しいと思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。