[0923-201507] 2015年7月第3週を振り返る(ライフスタイル)

[0923-201507] 2015年7月第3週を振り返る(ライフスタイル)

スポンサーリンク

2015年7月第3週を振り返ります。今週書いた記事はこちらからご覧いただけます。 今回はライフスタイルということで、健康や身だしなみ、身の回りのことなどについて振り返ってみたいと思います。

待望の2014アーユルオクトパス到着。私たち夫婦の姿勢が変わっていく。

今週一番大きかったのが、ここ最近何度も触れているアーユルチェアーが到着したということ。健康器具はとかくネットワークビジネスから怪しいものまで多種多様なため、これも同じようなものだろう、と考えられている方もいらっしゃるとは思いますが、ご自身にとって腰に負担のかからない、(それが私の場合は骨盤を立たせて坐骨で座る)正しい座り方が出来る椅子なのであれば、別にアーユルチェアーでなくても良いと思います。

一度感覚を覚えると、外で椅子がないときでも意識して座れるようになる。

[0913-201507] 待望の2014アーユルオクトパス到着。外でも坐骨を立たせて座っています。
0913-201507_Ayur Chair 01

この椅子、最初痛いんですよ。少し座っていると。坐骨を立たせて座るなんて座り方、普段慣れていないので。そうした声は実際に多いそうなのですが、クッションカバーやソルボクッションなど最近は純正のクッションで和らげる方法も出てきましたが、実際この立たせて座っているときのお尻の感覚が結構大切なのではないかな、と感じます。

この感覚を何となく覚えていると、外で別の椅子に座ったときにも結構意識して(無理なく)良い姿勢である程度長い時間座れるようになるんですね。

4092-150713 アーユルチェアーなしでも椅子に浅く腰掛ける自律感〈写真はdp0 Quattro〉: shiology

ちょうど昨日shiologyの塩澤さんがこのことについて触れていましたが、

でもアーユルメディカルシートを持っていけない会議や研究会とか電車の座席では、アーユルなしで同様の座り方をします。

その方法は簡単。浅く腰掛けること。「座る」のではなく「腰掛ける」。どかっと座って上半身まで体を椅子の「背もたれ」に預けて(もたれて)しまうのではなく、腰だけを椅子に「掛け」て、骨盤を立て、坐骨の左右2点に上半身の体重を乗せる。

たとえば会議室で会議中、浅く腰掛ける。いつもそうやって腰掛けていると、椅子の座面は30cmくらいあれば十分な気がします。深く座ると太ももの裏側が圧迫されて不快。なんで世の中の椅子はなんなに座面が深いのでしょうか。

私もなるべく外では意識してこの体勢を取れるようにしています。グダっと背もたれに身体を預けて、骨盤を後ろに倒して座るのは、初めは背もたれに任せられるので楽なように見えるのですが、しばらくすると全て負荷が腰にかかってくるようになるので、徐々に辛くなってきます。

あと、塩澤さんも書かれていますが、世の中の椅子は本当に座面が深いですね。ここまで深くする理由があるのか、最近ではちょっと疑問です。

椅子の座り方、靴の正しい選び方や履き方といった当たり前のことこそきちんと知る必要がある。

[0914-201507] なぜ私たちは義務教育を9年も受けながら、身体を傷めないで生きていくための知恵やコツを教わらないのか。

今まで靴の販売の世界に多少なりとも関わらせていただいたこともあって、何でこんな「靴」に関してあまりに無関心に適当に選べるのだろう、といつも思っていました。それがこうしたブログで多少なりとも発信していく一つのきっかけにもなったのですが、靴も一日履き続け、歩き続ける間、体重を支え続ける物です。当然サイズが間違っていれば身体は修正しようとしてどんどん歪んでいきます。足も負担がかかればかかるほど変形してくる。

そんな時にどうするか。「楽な靴」を探そうという結論になっちゃうんですね。その楽というのが、足に合っているのではなく。柔らかくて痛くなさそうで脱ぎ履きが楽な物。で結局益々悪化させていく。外反母趾もヘルニアも何もかも、正直自業自得です。

N885_katagurumaoyako500

ただ、勿論それら全てを自己責任で片づけられるかと言えばそう簡単なことでもなく、結局子どもの時に親が靴選びにいい加減だったり、成長期だからと大きめのサイズを選んだり、学校の(今は少しずつ変わってきたようですが)全く足にとって良くもない上履きのような物を適当に履いてきてしまった、ということがあると思うのです。

それは椅子に関しても同じ。正しい座り方。腰を痛めない座り方から猫背にならないためのコツまで、全て一生に関わることなのに、こうした身体に関することは当たり前過ぎて、そして人それぞれにアプローチが違って答えが出尽くしたワケではないので、学校では義務教育が9年間もありながら保健体育では一切教わりません。それが今ようやく不思議なこと、異様なことだと気付いています。

あ、別にそれで世界を変える!とか何かやらかすつもりはないですよ。ただ、情報だけはクドかろうが発信していきたいな、と思っています。

坐骨云々より究極の座布団を求めるあなたに伝統の技が結集した。

坐骨だ骨盤だなんだよりも、心地よい座り心地を求める方も多いかと思います。アーユルチェアーは腰は慣れてくるとこれしか座れなくなりますが、やはり矯正椅子な側面もあって、なかなか快適とは当初は言いづらい。それよりも夢見心地になれる座布団が欲しい、という方もいるのではないかと思います。

そんなあなたに向けて書いたのがこちらの記事。

[0916-201507] 坐骨を立たせて座る。まさにその最中に現れた究極の座布団が、あのJust my shopにて予約受付中。
0915-201507_Yamada Takao

いや、思った以上にアクセス多くて驚きました。

100円透明ビニ傘からの脱却とオニイサンの靴格好いいね。

まったく二つに関連はないのですが、声をかけられた時の記事がここ最近結構アクセスいただいていますので。

[0918-201507] Knirps X-1を愛用中の妻と自由が丘に出かけた今日、お兄さんの靴カッコいいね、と声をかけられた。
0917-201507_Today Knirps

何が良いのかは一つではないけれど、お気に入りが見つかるのは良いことです。

渡して1週間で梅雨が明けましたが、贈ったKnirps X1は大変気に入ってくれているようです。

[0910-201507] 循環型でエコと宣い透明ビニ傘が何故か常に5本前後家にある妻にKnirps X1をプレゼントした。
0910-201507_Knirps 01

透明のビニ傘5本セットはひとまず妻の見えないところに隠してありますが、このまま問題なければ透明のビニ傘を回収して役立てているNPOなどがありますので、そちらに持っていきたいと思っています。

あなたのスマホは何GB必要ですか?

多ければ多いに越したことはない、というのも一つの考えですが、思い切って最小容量にしてみると発想が変わる、という話。

[かぶ] 今まで機種変時には何も悩まず最大メモリ版を選んでいた私が今回iPhone 6で16GB版を使ってみて。
0813-201506_RADIUS case 06

先ほど見てみたら、まだ5.8GBくらい空きがありましたので、良いバランスで使えているかな、と思っています。上の文章を書いたときにはSNS関連のアプリはZenfone 5に入れていたので、その辺は差し引いて考える必要があったのですが、その後試しに昨夜Facebookアプリなど常用アプリをiPhone 6にも入れてみました。それで5.8GB。全く問題なしです。

わざわざ無理して少なくする必要はありませんが、意外と少なきゃ少ないなりに、また今までとは違った使い方も出来るんだよ、というご提案でした。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。