[0901-201507] 2015年7月第2週を振り返る(ライフスタイル)

[0901-201507] 2015年7月第2週を振り返る(ライフスタイル)

スポンサーリンク

2015年7月第2週を振り返ります。今週書いた記事はこちらからご覧いただけます。

PPC_taiyounohansyasurukawa-thumb-1000xauto-13545

今回はライフスタイルということで、健康や身だしなみ、身の回りのことなどについて振り返ってみたいと思います。

アーユルチェアー購入。到着は16日の午前中になりました。

まずはここ最近の私の中でのお気に入りの一つ。アーユルチェアー。今回初めてこのブログを読まれた方にはさっぱりわからない怪しい健康器具だと思いますので、その辺りはちょっとずつ慣れていって頂ければと願っています。

[0888-201507] アーユルチェアー注文完了。バランス良く立ち机と坐骨を立たせて座る時間を組み合わせます。
0888-201507_Ayur Chair 01

坐骨を立たせる、坐骨を意識することの大切さとともに、仙骨についても意識するきっかけになった、姿勢矯正椅子。これは長時間座っていると慣れない内はお尻が痛くなりますが、その分かなり集中力が増します。姿勢が正されるだけでこれだけコンディションが変わるというのは驚きました。

こうしたちょっと健康に関わるモノって世の中に無数に蔓延っていますので、私も無理には勧めませんが、少しでも興味を持たれた方は往復の送料負担のみで1週間の無料モニターも出来ますので、是非試してみてください。

立ち机と併用することで、バランス良く使っていきたいと思います。

ということで、到着まであと数日あるのですが、ちょうど今、妻がパソコンでの仕事がかなり増えている時期でして、共有PCのほうに今も向かっていることもあり、ほぼ立ち机のみで作業しています。ごくごく一部のWindowsでないと厳しい作業の時以外は立ったままChromebook(ここ数日はChromebox)しか使っていません。

[0877-201507] ここ数日は立ち机。集中力を高めるには最適です。
0887-201507_Chromebox 02

立ち机(スタンディングデスク)を考えた当初は足もかなり厳しかったのですが、もうすっかり慣れてしまいました。慣れるとこれほど楽で集中できる環境もなかなかありません。とはいえ、座ってじっくり取り組みたい時もありますので、その時にはアーロンチェアーで坐骨を立たせて腰にも負担の少ない姿勢で向かいたいと思います。

何事もバランスが大切ですね。

妻から待望のふんどしを贈られて、すっかりお気に入りになりました。

今週はふんどし週間でもありました。待望の。

[0881-201507] ようやく私もふんどしデビュー。妻からASAFUKU(麻福)のふんどしを貰いました。
0881-201507_Asafuku 03

すっかり気に入ってしまった麻福の大麻のふんどし。ただ、一枚しかないので、これでは毎日使えません。昨日も革靴を天日干しした時に、隣で手洗い後のふんどしを干した直後に強風に煽られて、危うくふんどしが世田谷の青空を舞っていくところでした。

ということで、なるべく来週あたりにはもう数枚購入しておきたいと思っています。麻福の代表の方からTwitterでメッセージをいただきまして、大変ありがたいことだと思います。

[0891-201507] ふんどしが大変気に入りましたので、麻福(ASAFUKU)で来週辺りに追加注文しようと思います。
0881-201507_Asafuku 01

これでようやく腹巻きにふんどし、五本指ソックスにfivefingersになりました。

昨年から思い描いていた姿ですからね。って別にその格好で他に何も着ないで外を歩くわけではありませんが。

[0896-201507] この時期必須の一着と言えば、腹巻きをおいて他にありません。
0789-201505_Haramaki 05

腹巻きは胃腸を冷やしやすいまさにこれからの時期にこそ必須のアイテムだと思っています。特に普段あまり冷えを意識しない大人の男性にこそ大切。その分局部はふんどしで大人の余裕を見せましょう

選ばれる際にはお好みで選んで全く問題ないですし、むしろそうして欲しいのですが、一つオススメするとしたら、アウトラスト素材のものを選ぶとこの夏も昼に夜に快適に着用出来ると思います。私はこの素材の本領を腹巻きでようやく知りました。

VISAデビットかJCBデビットは一度は試してみて欲しいカードです。

変わらず非常に多くの方にご覧頂いている三菱UFJ-VISAデビットの記事。間違いのないように、随時加筆修正しているため、結構分量が多くなってしまいましたが、他にも何度か書いていますので、ご自身のスタイルにあった内容をお読み頂ければ嬉しいです。

今週は新たに試しに発行してもらった楽天銀行JCBデビットとの比較で書いてみました。

[0871-201507] 三菱UFJ-VISAデビットと楽天銀行JCBデビットカード。普段使いならクレカよりこのどちらかで充分です。
0871-201507_VISA JCB Debit 01

デビットカードだけでは使えない状況というのもまだまだありますので、不便を感じることもないわけではありませんが、自分のお金との向き合い方、距離感を知るうえでも貴重で、またコストもかからず、便利な一枚だと思っています。

新社会人や、既にクレジットカードを何枚も持っている方、そして反対に全くクレジットカードは持たない主義の方まで幅広く一度は試して見て欲しいな、といつも思っています。

ここしばらく更新頻度が上がってきていますので。

GAK83_akaneironokumogauturukomen-thumb-1000xauto-16222

ここで振り返りきれない内容がまだまだあるのですが、数回に渡って今週に書いた記事を振り返ってみました。

FacebookページGoogle+TwitterRSSなどいろいろな形で更新についてはお伝えしつつ、それぞれに合わせて他の情報も加えていますので、興味を持たれた方は是非ご自身の愛用されているサービスでご登録頂ければ幸いです。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。