[0376-201411] 11月の振り返り。アクセスの多かった記事は「Knot」「甲高幅広」「三菱東京UFJ-VISAデビット」でした。

[0376-201411] 11月の振り返り。アクセスの多かった記事は「Knot」「甲高幅広」「三菱東京UFJ-VISAデビット」でした。

スポンサーリンク

0362-201411_saku02

今月も間もなく終了ですが、最後に11月を振り返ってのまとめです。

今月は31記事。2014年11月に更新した記事の一覧はこちらです。

佐久への移住を考えていることは、これからどういう形にしていくかは、妻と相談しながら進めていきたいと思っています。

しばらくハマっている朝風呂のおかげで生活のリズムがだいぶ整ってきました。
それが寒さに弱い私のコンスタントな更新に繋がったのかな、と思います。

また、saworiさんに頂いたNaturaヌメ革よこトートSに、測量野帳能率手帳を含めた休日の持ち物が定まったことも、良かったなぁと感じています。日々のスタイルがある程度定まってくれたことで、他に意識を集中することが出来た、というのが大きいです。

腹巻きも常用で、次は五本指ソックスとvibram fivefingersです。

ということで、今月アクセスが多かった上位3つの内容について、補足も兼ねて少し触れてみます。

話題の腕時計Knotは店頭販売が開始されたこれからに注目です。

Knot_Image_01

[0341-201410] Knotは時計選びに疲れた時にふと立ち止まってみたくなる時計だと思う。

Knotに関しては、Facebookで他の記事に比べて多く「いいね!」をして頂いたこともあるとは思うのですが、つい先日まで実物を手に取ることが出来なかったので、余計に関心が強かったのかもしれません。

私、まだ買っていないんです。あれだけ煽っておきながら。ラギッドシューズ等を買ってしまったら、そちらにまで廻りませんでした。

こちらは10月下旬からロフトやパルコでの卸し販売が始まったそうです。

ショップ(店舗)情報 | KNOT(ノット) / カスタムオーダーできるMADE IN JAPAN 腕時計ブランド

まだまだ品切れがだいぶ続いていますが、これが吉と出るか凶と出るか。

というのも、私1週間ほど前に渋谷のロフトで実物を見てきました。綺麗ですよ。良い時計です。ただ、一つ気になったことが。

店頭で似たような大量の時計と並んだときに果たして存在感を出せるか。

ロフトのような大量に時計を扱うお店に置いてあると、Knotの優位性や魅力が霞みやすいのではないか、ということです。

同じようなデザインの時計が山のようにあるんです。他のメーカーでも。勿論実際に見比べてみれば、それぞれの細かい部分での違いは分かるのですが。

となると、同じようなデザインの時計が並んでいると、区別がつかないし、ぱっと見程度だと、店内の光だと「こんなもんか・・」「結構似たものいっぱいあるじゃん」となりやすい。

316Lステンレスだったり、サファイアガラスといった魅力は、お店よりも実際に腕にして外でふとした時に時計を眺めて感じることが多いのです。

既に高級時計をお持ちの方は気付かれると思うのですが、こうしたスペックや材質というのは、単なるスペック厨でなくても、意外と差が出るんです。価格の差が。

安っぽい時計と、何となく良い時計、というのは、こうした部分にコストと手を抜いていないかが分かれ目ですが、それが店内でディスプレイの中で雑多に並べられている程度だと伝わりにくいのです。

直営ネットショップのみの販売は、そうした部分の付加価値を付けることにうまく成功したかな、と。
勿論実際に届いてみたら「こんなもん?」と思う方もいるとは思うのですが、届いて腕にして、外で日常の中でふとした時に見る「あ、やっぱり良いな」と感じた人も多いはず。
これって実際に使ってみないと分からないし、それは言葉では表現しにくいので、伝わりにくいもの。

現在もかなり売れ続けているようですが、大量の他のブランドの腕時計と一緒に並べられたとき、どういう評価がされるのか。
この辺りは楽しみにこれからも追いたいと思っています。

甲高幅広は関心の高い話題なんですね。

slooProImg_20140602134101.jpg

[革靴] 靴屋だった私が甲高幅広のあなたにそれでも幅広靴を薦めない理由。

もう毎月の常連定番です。基本的に余程のことが無い限り、この回が常に上位です。それだけ甲高幅広に対しての関心があるということなのでしょうね。

書いたのが今年の4月。この新しいブログに移行させた直後でしたので、今改めて読み直してみても、無駄に長いです。まとまりなく、とにかく頭に浮かんだことを書き連ねた印象です。
まだまだ気負いがだいぶ残っていますが、ただ、勢いはありますね。

甲高幅広をきっかけに、このブログに興味を持って頂ける方が増えるといいなぁ、と思いながらも、「この内容で良いのか・・」と悩みは尽きない回です。

三菱UFJ-VISAデビットは地味に改善されて使いやすくなりました。

slooProImg_20140920171816.jpg

[0328-201409] 三菱UFJ-VISAデビットの利点と弱点。それでもこのカードを愛用する理由。

さて。補足しなければ、と思いながらなかなか出来ずにいる、三菱UFJ-VISAデビット。これ、今思うとよくこれだけ長々と書けたな、と思います。

ここ最近、三菱UFJ銀行絡みで何かありましたっけ?先月中旬に急激にアクセスが増えたんです。

そして、ここ最近になって、私が更新当時に指摘していた弱点が少しずつ改善されています。今まで半年以上放置だったのに。素晴らしいです。

その最たるモノが、

楽天銀行の場合、処理がされる時点で残高が足りないとすぐに通知が来ます。その時点で急いで口座に入金すれば、入金した時点ですぐに引き落とされて使えるようになるのですが、三菱UFJ-VISAデビットの場合、基本「通知が来ません」。

なんと、メールで通知が来るようになったんです。そして、その日の内に入金すれば一時的にストップにならなくなりました。

これは大きい。これでようやく安心して色々使えるようになりました。このカードはとても便利です。長いですけど、一度さらっと通して読んで欲しい内容です。

より多くの方に見て頂けた1ヶ月でした。

0362-201411_saku01

今月は合計31(今回含む)回の更新が出来ました。ありがとうございます。

FacebookページやGoogle+ページなど、なかなか活用できていないものもまだまだありますが、毎日の中で12月も改善していきたいと思います。

来月もよろしくお願いします。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。