[かぶ] ASUS 9月28日14時より新製品発表会「Zenvolution – 進化し続けるASUSのZen -」の様子をライブ配信。

[かぶ] ASUS 9月28日14時より新製品発表会「Zenvolution – 進化し続けるASUSのZen -」の様子をライブ配信。

スポンサーリンク

一週間後は待望のASUS新製品発表会「Zenvolution – 進化し続けるASUSのZen -」が開催されますが、その様子が当日YouTubeでライブ配信されるようです。

「Zen」の進化の瞬間を見逃すな!
2016年9月28日14時よりASUS新製品発表会「Zenvolution -進化し続けるASUSのZen-」の様子をライブ配信。

さらに、ライブ配信を観ると発表される最新製品が当たるキャンペーンも同時開催致します。

当時の発表会ライブ配信とキャンペーンについては、こちらをご確認ください。

ライブ配信・キャンペーンサイト : http://woobox.com/fnmooh

平日の昼間(14:00 – 15:00)ということで、ライブ配信で見るのは難しい方も多いかと思いますが、以前ZenFone Zoomの発表会の際にはその後もYouTubeで見ることが出来たので、今回も可能ではないかと思います。

今回のキャンペーンの賞品として

■賞品
両面ガラスにZenならではのスピン加工を施した新製品 1台 × 2名様
* 賞品の選択はできまねますので、予めご了承ください。
* 色の選択はできかねますので、予めご了承ください。

(中略)

・賞品は、10月中旬を目安に発送いたします。ただし遅れる可能性もございますのでご了承ください。

といった記載もあることから、ひとまずZenFone 3の10月中の発売が予想されます。ここ最近各国で続々とZenvolutionが開催される中、日本での開催がようやく来週ということで大変楽しみにしています。

私自身は既に待ちきれずにTW版のZenFone 3(ZE520KL)を入手してこの1ヶ月ほど愛用していますが、大変気に入っています。

[かぶ] ASUS ZenFone 3(ZE520KL)レビュー。日本発表、発売が本当に待ち遠しい、バランスの良いDSDSモデル。

[かぶ] ASUS ZenFone 3(ZE520KL)使用一週間。早速落下させましたが、使っていて気付いたこと。感じたことなど。

[かぶ] ZenFone 3(ZE520KL) 純正VIEW FLIP COVERは今回も期待を裏切らない良カバーです。

国内で発売されるにあたって気になっている点は1つ。

「シャッター音はどうなるのか。恐らく無音は厳しいとしても、せめてボリュームボタンでの音量調整が可能になっているか。」

勿論価格や展開されるサイズとカラーも気にはなるのですが、個人的に今までのZenFoneはこのシャッター音だけが非常に残念だったので。ちなみに既に発売されている世界標準(シャッター音の調節が塞がれていない)モデルでは、そのまま普通に使った場合のシャッター音は相変わらずセンスのない耳障りなノイズです。ただ、ボリュームボタンで大きさは調整出来ますし、マナーモードにすれば無音になります。(勿論設定でシャッター音のみオフにすることも可能。)

[1270-201606] ZenFone 3の最も大きな進化。それはカメラのシャッター音の調節機能だと思う。 – ASUS COMPUTEX TAIPEI 2016 TOURにて (7) –

シャッター音の話をするとすぐ「犯罪ガー」と言われますが、最近は所構わずシャッター音とスクリーンショット音を鳴り響かせることのほうが、その内「スマートフォンのスクリーンショットの音が五月蠅いと口論になり、電車を降りたところで殴る蹴るの~」といった犯罪が起きそうで心配です。iPhone相変わらず五月蠅いですし。

この辺りはライブ配信では分からないと思いますので、当日参加されるメディア関係の方には是非横並びのスペックと価格だけの情報ではなく、この辺りを発信して欲しいな、と思っています。私も発表されるモデルによっては日本版も改めて入手したいなぁ、と思っています。

追記:2016年9月28日 16:15 更新

本日開催されたZenvolutionにて国内発売モデル3モデルが発表されました。

モデル名 型番 主要スペック 税抜価格 / 税込価格
ZenFone 3(5.2インチ) ZE520KL SD625 / 3GB / 32GB 39,800円 / 42,984円
ZenFone 3 Deluxe(5.5インチ) ZS550KL SD625 / 4GB / 64GB 55,800円 / 60,264円
ZenFone 3 Deluxe(5.7インチ) ZS570KL SD821 / 6GB / 256GB 89,800円 / 96,984円

今回発表された3モデルと価格、販売時期やカメラのシャッター音についてなど、感じたことを早速書いてみました。

今日開催されたZenvolutionで、日本でもZenFone 3が正式に発表されました。既にご存じの方も多いと思いますが、様々な製品の中でひとまずZenFone 3シリーズについて整理してみます。 ...
このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。