[かぶ] Amazonタイムセールから、Bluetoothスピーカーを振り返る。

[かぶ] Amazonタイムセールから、Bluetoothスピーカーを振り返る。

スポンサーリンク

2016年1月17日のAmazonのタイムセールではSoundPEATS(SoundSOUL)のBluetoothスピーカー P1が20%オフの6,398円になっています。

このスピーカー、少し前から使ってみたいと思っているモデルです。BoseのSoundLink Miniに少し似た形のこのスピーカーは、けれど価格はIIの3分の1程度、IIIの5分の1ほど。Amazonでのレビューの評価も悪くありません。

勿論価格には価格なりの理由があって、高いモノはそれだけ力も入れているのだけれど、音の世界というのはある程度耳が肥えていないと良い音も聴き取れなかったりします。また好みもあるので難しい。

そんな中で、Bluetoothスピーカーで実売7千円程度というのはなかなかに悩ましい価格帯です。2~3千円の簡易のスピーカーに比べればそれなりに設計に力も入れられますし、ワイヤレスということを考えれば、何万円もお金をかけるのは何となく気が引ける。

そんな時に7~8千円程度であればそれなりの音で「これで充分なのではないか」という丁度良いさじ加減の価格帯だと思うのです。

実際わが家では昨年後半からBluetoothスピーカーが大活躍です。OmakerのM4は入浴時にインターネットラジオや最近ではGoogle PlayミュージックやAmazonプライムミュージックなどを流すのに最適。妻も時々使っています。

同じくOmakerのM075はそのコンパクトさと気軽に使える割に音もそれなりに満足のいくC.P.の高いスピーカー。Amazonでは販売終了になってしまったのが本当に惜しいです。

今年の9月にOMAKERから提供いただき、レビューをしたBluetoothスピーカーの一つがこのM075です。 【PR】音楽配信サービス続々上陸な中、Bluetoothスピーカー OMAKER...

そして最近活躍中なのが、冒頭のSoundSOULの同価格帯のBluetoothスピーカーです。

SoundSOUL-Bluetooth-speaker-02

ちなみにこちらは明日18日のAmazonのタイムセールに出るようです。

[1134-201601] 【PR】SoundPEATS DREAM SPEAKERレビュー(第一印象篇)5種類の発光モード。持ち運ぶよりも卓上スピーカーとして面白いスピーカーです。

音楽に合わせて七色に輝くその外見は何となく肝心の音そのものに力を入れるのを忘れていそうな不安感がありましたが、そこはSoundSOUL(SoundPEATS)、なかなかに良い音を聴かせてくれます。最初物足りなく感じたのですが、どうもこのスピーカーは設置場所によってかなり音が影響を受けるようで、バシッとはまるとかなり濃厚な音になります。

SoundSOUL-Bluetooth-speaker-01

置き場所を選ばないBluetoothスピーカーは一台あるととても便利です。音に拘ってじっくり聴きたい浸りたい、という時で無ければ、かえって気負わず流しっぱなしに出来るので、使っているタブレット端末やノートPCの側に置いて、流しっぱなしにすると非常に快適です。

今までよりも確実に音楽が身近になる。最近は先ほど挙げたような有料無料の音楽配信サービスが多く展開されているので、イヤホンだけでなく、スピーカーも手元に置いておくとまた今までとは違った楽しみ方が出来るのではないか、と思います。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の3冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

「それぞれの365日 Chromebook会報誌」

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。