[0234-201406] ロイドフットウェアの靴べら – 色々な想いとともに、当時の苦い経験も思い出させてくれる、原点。

[0234-201406] ロイドフットウェアの靴べら – 色々な想いとともに、当時の苦い経験も思い出させてくれる、原点。

スポンサーリンク


ロイドフットウェアは、日本における英国靴好きにとっての聖地の一つでもあるお店です。私が最初に紳士靴について教えてもらった場所でもあり、何だかんだと偉そうにこんなところで靴について書いていても、このお店に伺うたびに緊張し、自分の未熟さと無知に恥ずかしくなり、また、改めて紳士靴が好きになります。

20代はほぼ銀座だった。


というほどお金があったわけでもなんでもなく、単に職場が銀座であり、紳士靴もスーツも時計も、みんな銀座のお店で教わり、馴染みの喫茶店で色々な方とお会いし、お話を伺うことが出来、可愛がっていただいた街だった、というだけです。
仕事の仕方自体は甘々だったと思いますし、決して褒められたような良い仕事が出来たとは言えませんが、自分なりにそれなりに一生懸命だったとは思います。
そんな中、ある時、同僚二人からサプライズで贈られたのが、このロイドフットウェアの革の靴べらです。

今も毎日持ち歩いているこの靴べらですが、これを贈ってくれた同僚の内の一人は、私の未熟さと青さから、追い詰め、結局関係を修復出来ないまま、私の前から去ってしまいました。
今思えば、この時の自分の驕りや甘さを徹底的に叩きのめし、鼻っ柱を折ってくれた、気付かせてくれたのが、私にとっては先日も書いた、尊敬する先輩だったのかな、と思います。
先日会いに行くことが出来た先輩とは違い、彼が今、どこで何をしているのか、全く分かりません。また偶然どこかで出会えたとして、私は彼に何を話せばいいのか、未だ分からずにいます。
この靴べらを使うたびに、そんな胸が痛む、苦しい思いと、銀座での様々な日々を、思い出させてくれ、また今日も頑張らねば、と思わせてくれる原点のような物でもあります。

ちなみに、靴べらは表面は革が良いと思う。

これは単に革好きだから、というだけでなく、表面が革のほうが、靴を傷めにくいんです。以前靴の修理やクレーム、相談を受ける中で、結構あったのが、靴の中敷が抉られたように破れていたり、穴が空いているというもの。だいたい本人に覚えはないのですが、これ、靴べらの使い方に問題がある場合が多いです。靴べらを靴に突き刺すように突っ込んで、そこに体重をかけて足を入れる方が結構います。その時、中敷に急角度で靴べらが食い込んでいます。
この履き方自体が良くはないのですが、これに更に硬い鉄やプラスチックなどの靴べらを使っていると、穴が空きやすいのです。革製だと比較的当たりが柔らかいので、若干リスクが減る。そんなこともあって、革製がオススメだったりします。

2014.9.20 追記

靴べらの正しい使い方について書きました。
[kanren postid=”2329″]

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。

講読を解除されたい場合も上の「講読する」から解除が可能になりました。

フォローする

スポンサーリンク
このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

このブログの文章に興味を持たれたあなたへ。

当ブログで書いてきた文章をジャンル毎に分け、加筆・修正してまとめたものをAmazonのKindle書籍にて販売しています。

Kindle書籍、というと「Kindle端末」が無いと読めない、と思われている方も多いのですが、お使いのスマートフォンやタブレット端末でも「Kindleアプリ」を入れることでお読みいただけます。スマホに入れて、いつでも気が向いたときに目を通せる、いつも手元に置いておけるものを目指して書きました。

また、Kindle Unlimited会員Amazonプライム会員の方は、それぞれ無料でお読みいただけます。

現在発売している書籍は下記の2冊です。

「靴ブラシで歩き方が変わる。」

まずは「革靴のお手入れ」と「革靴の選び方」に関する内容に加筆、修正してまとめた、こちらの書籍。

「靴磨き」というと、革靴が好きな方が休日に趣味の一つとして時々気合いを入れて磨くモノだと思われがちです。けれど、私は実際には「靴磨き」と「靴のお手入れ」は別のものだと考えています。

革靴が趣味でない方は靴磨きは必要ありません。ただ、帰宅したら「毎日」、その日履いた靴を「1分間」、靴ブラシで埃を落して布や磨き用のグローブでから拭きしてあげてください。それが本書で伝えたい「毎日のお手入れ」です。毎日の歯磨きや洗顔と同じです。靴に余計なケアは不要です。けれど最低限のケアは必要です。

多くの方にとって「靴磨き(お手入れ)って何も特別なものじゃなくて、毎日の歯磨きや洗顔のような日常なんだな」と感じて頂き、より革靴を身近なモノに感じてもらえたら、と願っています。

「アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日」

続いて、「Chromebook」に関する文章を一冊の本にまとめました。

Chromebookはまだまだ日本では馴染みが薄いですが、Googleが開発したOSであるChrome OSを搭載したPCです。

海外では特に米国の教育市場を中心に急速にシェアを伸ばしてきています。日本ではAppleやMicrosoftが教育市場向けのモデルを出すと、一般的に「iPad対抗」「Surface対抗」といった感じで一騎打ちのようなイメージを持たれがちですが、実際には海外では低価格で半分以上のシェアを獲得している「Chromebook(Google)対抗」を想定した三つ巴の状態となっています。

本書ではこのOSの特長でもあり魅力でもある、

Googleアカウントのみでどこでも身軽に移動、作業が出来るスタイルの提案であり、Chromebookはあくまでそれを実現するための仮の入れ物の内の一つ

という点をベースに、私が感じる魅力について暑苦しく書き綴っています。

是非あなたのスマートフォンやタブレット、Kindle端末などに入れて持ち歩き、気が向いた時に読み返して欲しいな、と思っています。